×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

your toy 3


★次の作品へ★
★前の作品へ★
★MENUへ★

タカシは、俺の両手を手錠でベッドの足に固定してしまった。

「大人しくしていて下さいね。」
「…」
「さあ、お尻を上げて。」

タカシが俺の肛門に舌を入れてきた。
俺はプロを甘く見ていた。10分後、俺はタカシの腰の動きに合わせ、生まれて初めての嬌声をあげていた。

「いい声で泣く奴だ。」

課長はニタニタしながら、冷ややかに言う。


2005.09/01